日本の中央競馬場一覧 ”小倉競馬場の特徴”

競馬予想を極める〜小倉競馬場〜とは-

小倉競馬場は日本中央競馬会の西日本エリアにある競馬場の1つで、主に夏競馬が開催される競馬場としてファンに知られています。所在地は福岡県北九州市小倉南区で、交通アクセスとしてはJR小倉駅より北九州モノレールに乗車し、競馬場前駅下車で徒歩で約10分の場所になります。

一般入場料金は100円で、京都競馬場や阪神競馬場の200円よりも安くなっています。また、指定席もあり、JRAネット会員になれば事前に購入することも可能です。小倉競馬場の特徴としては、多くある中央競馬場の中でも最後の直線の短い競馬場だという特徴があります。

ただし、馬券予想の際に難しいのが、直線が短いわりに芝コースでは差し馬が台頭してくるという点です。コーナーを利して4コーナーを先頭で芝の内目を走った馬でも、ゴール板直前で外から追い上げてきた馬に差されるというシーンがこのコースとの芝のレースでは多く見られます。

コース概要としては、芝コースの1周の距離がAコースで約1615メートル、最後の直線が293メートルで、ダートコースは1周が約1445メートル、最後の直線が約291メートルとなっています。

小倉競馬場といえば夏をイメージするファンも多いです。夏には小倉記念や小倉2歳ステークスなどの重賞競走も組まれており、ファンの関心を引くレースも数多くあります。

ローカルコースの特徴として、開催ごとに差し有利、内目有利などの顕著な傾向が出ることが多く、そういった特徴をいち早くつかんがジョッキーがかためて勝つこともあります。従って馬券を購入する際には、どのジョッキーが乗れているのかを知り、それを馬券検討の作戦にいかすことが大事になってきます。

日本の中央競馬場一覧 ”阪神競馬場の特徴”

競馬予想を極める〜阪神競馬場〜とは-

阪神競馬場は、日本中央競馬会の西日本エリアの競馬場です。競馬場の所在地は兵庫県宝塚市で、電車でのアクセスは阪急電車仁川駅が最寄り駅になります。

大阪方面からの場合、阪急神戸線で約30分、また、神戸三宮方面からでも同じような所要時間で観戦に行くことが出来ます。阪急今津線仁川駅からは専用地下道があるため、雨の日でも濡れずに来場できます。入場料金は200円で、JRAカード利用などで購入できる指定席の場合は、各指定席ごとの料金が必要になります。

阪神競馬場で行われる重賞競走の主なものとしては、G1競争の宝塚記念や桜花賞があります。宝塚記念は暮れの有馬記念の上期版として知られているグランプリレースで、ファン投票で出走馬が決定されます。阪神競馬場のコース概要としては、ダートコースが1周約1,517メートルで、芝コースのAコース内回りは1,689メートル、Aコース外回りが2,089メートルとなっています。このコースの特徴は、最後の直線の坂です。

中央競馬場においてゴール前に坂がある競馬場はいくつかありますが、この阪神競馬場や関東の中山競馬場は、この坂を克服できるかどうかが勝負の分かれ目だと言われています。

従って馬券予想をする際にもコース適性が重要なポイントとなるため、競馬ファンはこのコースが得意かどうかも競馬新聞の成績欄で確認して馬券を購入しています。

阪神競馬場は大阪の市街地である梅田近辺や神戸の三宮付近からもアクセスが良いことで関西のファンには知られています。梅田からでも30分あれば行けるのですが、同じ関西の京都競馬場の場合、阪神より所要時間が15分程度長くかかってしまいます。アクセスが良いということでファンは足を運びやすいです。

日本の中央競馬場一覧 ”札幌競馬場の特徴”

競馬予想を極める〜札幌競馬場 〜とは-

札幌競馬場の所在地は北海道の中心都市である札幌のど真ん中にあり、札幌駅のすぐ隣の桑園駅から歩いて5分の位置にあります。

そのため、アクセスは非常に良好であり観光で訪れるにも適した競馬場となっています。
札幌競馬場の特徴としては、ローカル競馬場にありがちな小回り平坦な競馬場だと思われがちですが、平坦であるもののコース全体が丸みを帯びているので大回りになっているというのが大きな特徴となっています。

更にそれに加えて芝が洋芝という力のいる馬場となっているため、他のコースでは実力を発揮することができなくても札幌競馬場では滅法走る札幌巧者がでやすいのも特徴となっているのです。
そのため、馬券予想をする際には他場の成績だけでなく札幌での実績を考慮した予想をすることが必要となってきます。

入場料金は開催中は100円かかりますが、非開催時は入場料金は不要で場外馬券売り場として使われています。
重賞競走には真夏の大一番である札幌記念があり、数々のGI馬を輩出していて数あるGIIの中でも非常にレベルの高いレースです。
夏の牝馬の目標となるクイーンステークスもあり、こちらも活躍馬を多数輩出しています。

コース概要としては他の中央競馬場と比較をしてそれほどコース設定は多くなく、芝コースは1000m、1200m、1500m、1800m、2000m、2600mと6つの設定がありますが1000mは殆ど使われていません。
ダートに至っては1000mと1700mそして2400mの3つしかないのでコースのバリエーションに少し乏しいのが寂しいところです。

しかし、全体的なレベルに関しては夏競馬の中でも非常に高いものがあるので、秋に活躍する馬をいち早く見つけることができるのも札幌競馬場の魅力のひとつなのです。