日本の中央競馬場一覧 ”小倉競馬場の特徴”

競馬予想を極める〜小倉競馬場〜とは-

小倉競馬場は日本中央競馬会の西日本エリアにある競馬場の1つで、主に夏競馬が開催される競馬場としてファンに知られています。所在地は福岡県北九州市小倉南区で、交通アクセスとしてはJR小倉駅より北九州モノレールに乗車し、競馬場前駅下車で徒歩で約10分の場所になります。

一般入場料金は100円で、京都競馬場や阪神競馬場の200円よりも安くなっています。また、指定席もあり、JRAネット会員になれば事前に購入することも可能です。小倉競馬場の特徴としては、多くある中央競馬場の中でも最後の直線の短い競馬場だという特徴があります。

ただし、馬券予想の際に難しいのが、直線が短いわりに芝コースでは差し馬が台頭してくるという点です。コーナーを利して4コーナーを先頭で芝の内目を走った馬でも、ゴール板直前で外から追い上げてきた馬に差されるというシーンがこのコースとの芝のレースでは多く見られます。

コース概要としては、芝コースの1周の距離がAコースで約1615メートル、最後の直線が293メートルで、ダートコースは1周が約1445メートル、最後の直線が約291メートルとなっています。

小倉競馬場といえば夏をイメージするファンも多いです。夏には小倉記念や小倉2歳ステークスなどの重賞競走も組まれており、ファンの関心を引くレースも数多くあります。

ローカルコースの特徴として、開催ごとに差し有利、内目有利などの顕著な傾向が出ることが多く、そういった特徴をいち早くつかんがジョッキーがかためて勝つこともあります。従って馬券を購入する際には、どのジョッキーが乗れているのかを知り、それを馬券検討の作戦にいかすことが大事になってきます。